痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

栄養学〜入門編〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

栄養素・栄養って何?

栄養素と栄養はちょっと違う

食肉が人肉に変わるしくみ

食べた豚肉がそのまま人間の筋肉に変わるわけではありません。



栄養とは、この食べた豚肉が、筋肉や血液など人間特有の細胞に作りかえられていく営みのことです。

つまり、自然界から摂取したいろいろな物質を、消化・吸収によって体内に取り込み、分化(異化作用)や合成(同化作用)によって、成長や生活活動に必要な人体特有の成分に変換させること。

この営みが「栄養」です。
分解(異化作用)
多糖類糖質)、脂肪酸脂質)、アミノ酸タンパク質)などの科学的に複雑な構造の物質を単純な物質に分解する反応。

この反応によってエネルギーがつくられる。
合成(同化作用)
外界から摂取した栄養素を人体を構成する特定の成分に変える作用。

栄養の舞台は人間の体の中

体内での栄養(代謝)のために、外界から摂取されるのが「栄養素」です。

「栄養素」の主な舞台は自然界のいろいろな食品の中、「栄養」の舞台は人の体の中ということもできます。

みかんに含まれるビタミンCやトマトのカロテンなどはそれぞれの食品に特有の「栄養素」であって、「栄養」ではありません。


体内における栄養素3つの役割

栄養=生命活動と向き合う

食品中の栄養素は、人体内で栄養活動の結果、次のような3つの大きな働きをします。

@エネルギーになる。

A体をつくる

B体の調子を整える

の3つで、教科書にものっていることです。

このように栄養素と栄養をちょっと区別して考えてみると、栄養の話が少しわかりやすくなります。

栄養学のジャンルでは、食品中の栄養素を中心に研究する分野を食品栄養学、人体内の栄養を研究する分野を人間栄養学と呼ぶこともあります。

最近では、人間栄養学が重視される傾向にあります。

栄養学を実践するに当たっては、様々な人間の栄養や生命活動と向き合うわけですから、医学的な知識も必要になってきています。

そのため、栄養学を実践する職業である「管理栄養士」になるための国家試験も年々難しくなってきていて、いまや合格率は20%を割る狭き門になってしまいました。

食品成分表の原本と写本

各社で発行されている食品成分表の原本は、科学技術庁資源調査会編の「五訂日本食品標準成分表」。

1882食品の成分値に各社独自の資料が加えてあります。



栄養素・栄養って何?
栄養素の種類と働き
摂取エネルギーの適量
食事摂取基準
何をどれだけ食べる?
バランス献立の基本型
こんな食習慣なら安心
サプリメントの活用法
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜
リンクについて
太る方法、プロの栄養学博士と作りました。あなたの「太りたい」を叶えます。『ふっくら美人になりたい女の子、この指とーまれ!』
管理栄養士の30日間にきび永久撲滅プログラム
管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット
美食ダイエット 〜 本当に美味しい食べ物を食べて、美しく健康的に痩せる方法 〜
わずか月1万少々の食費で何千億円もの健康を稼ぎ、あなたの一生の夢を実現させる健康長者養成10日間ナビ































学校給食 栄養バランス




栄養学〜入門編〜 All copyrights 2010 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

禁煙!禁煙!禁煙!健康にアミノ酸牛黄とは 〜あなたの健康に役立つ〜薬用人参とは 〜薬用人参の効果を知ろう〜女性が知っておきたい健康の常識栄養学入門栄養からみた身体活動とエネルギー年代別の栄養と食事食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜不思議と禁煙が成功するサイトストレス解消サプリサイトサプリメントで健康に