痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

栄養学〜入門編〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

栄養素の種類と働き

成長や生命維持に必要な栄養素と水

エネルギー源となる三大栄養素

糖質脂質タンパク質三大栄養素ビタミンミネラルを加えたものが五大栄養素です。



糖質とタンパク質は1g当たり4キロカロリー、脂質は9キロカロリーのエネルギーを発生させるパワーを持っています。

ただし、タンパク質は、平常時にはエネルギー源より、細胞・ホルモン酵素遺伝子免疫抗体などの構成成分として優先的に利用されます。

タンパク質を構成しているアミノ酸

約20種類のうち8種類(子どもは9種類)は人体で合成できないので必須アミノ酸と呼びます。

生物によってアミノ酸の種類や組み合わせは皆違います。

脂質には3つのタイプ

脂質には、脂肪リン脂質コレステロールの3つのタイプがあり、脂肪はグリセロールという物質に飽和脂肪酸不飽和脂肪酸がくっついたものです。

脂肪酸のうち体内で合成できないリノール酸αリノレン酸アラキドン酸必須脂肪酸といいます。

炭水化物は糖質と食物繊維

食物繊維は人間の体内では消化されず、エネルギーになりにくいのですが、糖質は消化されてエネルギーになります。

ビタミン・ミネラルは微量栄養素

ビタミンは炭素、水素、酸素、窒素などを含む有機化合物で複雑な化学構造をもった栄養素で13種類あります。

ミネラルは、鉄(Fe)、カルシウム(Ca)などのように元素記号であらわされる物質です(食品成分表には9種類表示)。

どちらも微量で重要な働きをします。

これらの栄養素を「生命の鎖」と称したのはアメリカの生物学者R.ウイリアムズ博士。

いわばネックレスと似ていて、どこかに不足のものがあると、鎖が切れやすくなるので、バランスよく摂ることが大切と述べています。

栄養素と似た働きをする食品因子

免疫力を高める、活性酸素を防ぐなど栄養素と似た働きをする食品因子が、食物繊維やポリフェノールカロテノイドなどで、非栄養素系食品因子とか、フィトケミカル(植物に含まれる化学物質)などと呼ばれ、注目されています。


吸収された栄養素は力や体温、筋肉、血液などに生まれ変わります

栄養素の体内での働きには、大きく分けると、@生命維持や活動のためのエネルギーとなる、A筋肉、血液、骨など体の構成成分となる、B生理作用の調整など体の調子を整える、の3つがあります。

炭水化物

糖質+難消化性線維の総称。

糖質には、単糖類二糖類オリゴ糖多糖類デンプン、食物繊維など)があります。

穀物に多く含まれます。

脂質

脂肪、リン脂質、コレステロールの3つのタイプがあり、脂肪はグリセロールという物質に飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸がくっついたものです。

タンパク質

魚介、肉、卵、大豆などの主成分。

個体によってアミノ酸の組成が違い、必須アミノ酸をバランスよく含んでいるものが「良質タンパク質」といわれる。

ビタミン

ビタミンは、水に溶けない脂溶性ビタミン水溶性ビタミンに大別され、合計13種類が確認されています。

ミネラル

骨や歯の材料、生理作用の調整役に不可欠のカルシウムなど、元素記号であらわされる栄養素。

乳製品、海藻、小魚、野菜などに多く含まれます。

その他の食品因子

食物繊維やポリフェノール、カロテノイドなど、栄養素と似た働きをする食物因子。

抗酸化作用や免疫力アップなどが期待されています。



栄養素・栄養って何?
栄養素の種類と働き
摂取エネルギーの適量
食事摂取基準
何をどれだけ食べる?
バランス献立の基本型
こんな食習慣なら安心
サプリメントの活用法
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜
リンクについて
太る方法、プロの栄養学博士と作りました。あなたの「太りたい」を叶えます。『ふっくら美人になりたい女の子、この指とーまれ!』
管理栄養士の30日間にきび永久撲滅プログラム
管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット
美食ダイエット 〜 本当に美味しい食べ物を食べて、美しく健康的に痩せる方法 〜
わずか月1万少々の食費で何千億円もの健康を稼ぎ、あなたの一生の夢を実現させる健康長者養成10日間ナビ










































































栄養 成分 表示




栄養学〜入門編〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。